手でハートマーク

介護ソフトがあれば最も重要なケアサービスに力を注ぐ事が可能

様々なメリットをもたらしてくれる介護ソフト

おじいさんと会話

マンパワー不足で悩んでいるのは、介護業界も例外ではありません。現在は幅広い業界で人手不足という問題はあるものの、介護施設でのマンパワー不足には、やはり業界特有の課題も潜んでいるので、その点の改善にまずは取り組む必要があるでしょう。例えば、介護の仕事は、非常に煩雑で、スタッフは常時忙しすぎるというイメージがありますが、この点、介護ソフトの導入で状況をかなり改善することが十分に可能です。介護ソフトを使って効率化、負担軽減できるのは、入居者管理やお金の出入りの管理など、主に事務的な作業です。
しかし、こうした事務的な業務が非効率に行われていると、そこに無駄な手間や時間がかかり、肝心の対人ケアのサービス品質が落ちるという相関があります。従って、介護ソフトを使って合理化できるあらゆる事務系業務の徹底的な合理化を図り、少しでもスタッフの手間を軽減し、業務に要する時間を短くしましょう。
そうすれば、入居者一人一人に対するサービスにも、スタッフが落ち着いて取り組めるゆとりが生まれます。それによって、介護に従事するスタッフが無理なく充実して働ける職場という評判が定着すれば、リクルートメントにも成功し、人手不足解消にもつながるでしょう。

TOP