手でハートマーク

介護ソフトがあれば最も重要なケアサービスに力を注ぐ事が可能

マンパワー不足でも業務負担の軽減可能な介護ソフトがおすすめ

杖とおくすり手帳

介護施設での人材確保はなかなか困難な課題です。人数だけそろえばいいというわけではなく、介護の仕事に適した資質を持ち、かつできるだけ長く働いてくれる人ということになると、そう簡単に理想通りのスタッフをそろえられるわけではないでしょう。人手がなくても、介護の仕事は待ったなしで進んでいきますので、不足しているマンパワーを補うべく、業務自体を効率化する必要があります。その試みをサポートしてくれるツールとして、介護ソフトの導入を検討してみてはどうでしょうか。
介護ソフトを使うということは、介護にまつわる広範囲の業務をシステムで処理する体制に移行するということです。これによって、まず、紙メインの業務処理から電子処理に変わるため、用紙を使う手順の煩雑さを解消できるメリットがあります。また、介護ソフトを使って各種の管理系業務を処理するようになると、スタッフ間での情報シェアがよりスムーズに行えるようになります。
情報シェアが容易になれば、チームの連携プレーを実現しやすくなるため、それによって業務の重複やムラがなくなり、効率化を達成できるでしょう。人手不足への効果的な対処方法が見つからない場合は、まずは、介護ソフトで業務の効率化と負担軽減を先に実施しましょう。

TOP